【東京】根岸撮影監督の「映画で日本を世界に伝える極意」~基礎編~

演出・演技・撮影…、映画制作で必須のスキルと、注目される日本人の心や文化を伝える方法を学ぼう!

開催日

開催リクエストを受け付けております。
ご希望の日時がございましたら「問い合わせる」から詳細をお伝えください。
必ずしもご希望に添えないケースがございます。予めご了承ください。

問い合わせる

◆3つの特徴
(1) 映画の演出力の基礎的スキルを養えます
(2) 俳優の芝居、演技力の磨き方を学べます
(3) 世界で日本人だけ知らない、日本文化に対する理解力がアップします

◆受講特典はコレ!
・根岸の極意「7段階の訓練!」

◆参加に向いている人レベル【初級~中級】
・日本映画の監督や俳優などを目指している人
・日本映画で通用する表現力を磨きたい人
・映画製作を通じて日本文化を世界に広めたい人

◆学べること
2009年『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』、16年『淵に立つ』『青時雨』など、
数多の話題作、ヒット作映画の撮影で知られる根岸憲一撮影監督が、日本の映画作りの極意を伝授します。

映画界で活躍したい若い監督や俳優がスキルアップできるように、
毎日の生活の中で自主練できる、根岸撮影監督独自の方法を学べる絶好のチャンス!

単に映画論をレクチャーするのではなく、演技、演出、撮影などの役割、仕事の手順などを教わりながら、実技指導も受けられるので、就職や制作現場でに役立ちます。

映画に関する質問にはすべて答えてくれます。聞きたいことがある人は、遠慮なくどうぞ。

海外の映画祭などで体得した情報や知識も盛り込まれているので視野も広がります。

日本映画界で頑張っていくためのノウハウ満載の有意義な講座です。

◆カリキュラム
<講義>
 (1)撮影監督の仕事&映画作りの視点(20分)
  …チームでのポジション、求められること
 (2)監督・演出家・俳優との仕事(20分)
  …相互の役割、仕事の進め方・関わり方

<実習>
 (3)日本映画の撮影&演技の付け方(50分)
  …根岸の極意「7段階の訓練」から基礎を学ぶ
 (4)日本文化を世界に発信する方法(20分)
  ‥演技、演出、撮影などを通じて発信する術を学ぶ
 (5)質疑応答・まとめ(10分)

※事前アンケート
受講の動機や目的、習いたいことや何か希望がある方は、申し込み時に「備考欄」に記入してください。

◆受講すると
・演技力、演出力、脚本力などが向上します
・監督がカンヌ映画祭などで得た情報から、世界が日本をどう見ているのかが分かります

◆講師のメッセージ
皆さんも気が付いていると思いますが、今「機械文明」の発展が素晴らしく、留まることを知らない状況です。
でも、それに対して「人間本来の能力」は、低下しています。
パソコンやネット関連の仕事では、人間の能力は進化し続けているのに、我々「映画の文化を感覚で表現する者たち」には、厳しい時代になっているのです。
人間に備わった感性や表現力を磨きましょう!
自ら訓練、勉強していける極意を伝授します!

定員

持ち物

筆記用具

開催リクエストを受け付けております。
ご希望の日時がございましたら「問い合わせる」から詳細をお伝えください。
必ずしもご希望に添えないケースがございます。予めご了承ください。

問い合わせる

講師プロフィール

講師:

根岸 憲一/撮影監督

1979年(株)8-8光映社に入社し、小津安二郎監督、成瀬巳喜男監督、溝口健二監督らの作品で知られる、玉井正夫撮影監督の弟子となる。
次いで、大島渚監督とのコンビで知られる高田昭撮影監督に師事し、武智鉄二監督『白日夢』で撮影助手。
その後も、川上皓市、篠田昇といった撮影監督に師事し、研鑽を積む。

撮影監督デビューは、黒沢清監督『地獄の警備員』。
09年島田洋七監督『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』をはじめ、数多くの話題作を撮影。

深田晃司監督と多数タッグを組んでおり、11年『歓待』で「東京国際映画祭」ある視点部門作品賞、
13年『ほとりの朔子』で「ナント三大陸国際映画祭」グランプリ、『いなべ』で「沖縄国際映画祭」グランプリ、
16年『淵に立つ』で「カンヌ国際映画祭」ある視点部門準グランプリ、
19年『よこがお』で「ロカルノ国際映画祭メインコンペ出品など、快進撃を続けている。

他にも、
14年戸田彬弘監督『ねこにミカン』で「新人監督映画祭」長編コンペティション部門準グランプリ、
16年松村直樹監督『青時雨』で「ノイダ国際映画祭」で優秀撮影賞、
17年緒方貴臣監督『飢えたライオン』で「東京国際映画祭」日本映画スプラッシュ部門ノミネートなど、
国際的な映画祭への出品作や入賞作多数。最新の撮影映画は、23年中田博之監督『この小さな手』。

テレビドラマの撮影も、19年朝日放送「Re:フォロワー」、18年「高嶺の花」、97年北海道テレビ「君といた街角」、96~05年日本テレビ「警部補佃次郎」シリーズ、92年テレビ朝日「柴門ふみセレクション」、90~91年関西テレビ「DRAMADAS」など、幅広く手掛けている。

受講費

5,830円(税込)

【各種割引制度について】 詳細は→コチラ
▼フェロー ズからご就業中
4,081円(税込)
▼フェローズ登録者
4,664円(税込)
※本登録とは、フェローズにご来社いただきクリエイ ター登録をしていただくことです。
【受講料のお支払い】 詳細は→ コチラ

注意事項

Q&Aはコチラ
◆開講の有無
・申し込み締め切り日に決定。最低開催人数に達しなかった場合は、見合わせとなります。
 ただし、追加料金の支払いで開催可能になる講座は、3300円(税込)を追加していただけると
 受講可能になります。お支払い方法は別途お知らせします。
・事前にご連絡いただいた方に、申し込み状況をお伝えすることは可能です。
・有料セミナーが中止となった場合、受講料金は全額返金。
 返金方法は、別途メールでご連絡します。

◆受講料の支払い
・クレジットカードまたはコンビニ決済
・コンビニ決済は、申し込み日から3日以内にお支払いください。

◆キャンセル
・申し込み締め切り日の前夜23時59分迄に、ご連絡ください。
・他講座への振替は1回のみ可能。
・コンビニ払いの場合は、手数料1000円を引いた金額を振り込みます。
・上記以降のキャンセルや無連絡不参加の場合、返金や振替には応じかねます。

◆海外での受講
・クレジットカードでのお支払いとなります。
・受講費はクレジットカード会社が定めた為替と為替レートになります。
 ご契約のクレジットカード会社にお問い合わせ下さい。
・インターネット環境が日本の規格と異なる場合、まれに画像がスムーズに呼び出されない場合
 があります。

◆講座に対する意見や要望
・受講後、3営業日以内(フェローズ営業時間10:00~19:00)に事務局まで。
・上記以降は対応いたしかねます。ご了承ください。

連絡先

株式会社フェローズ Fellows Creative Academy事務局
小山 満・文元 永美・根木 沙綾
03-5728-5580 / academy@fellow-s.co.jp

※お問い合わせの際は、
ご興味いただいております講座名、開催地域をお伝えいただきますようお願い申し上げます。

会場

【住所】

株式会社フェローズ 東京本社

渋谷区恵比寿西1-7-7EBSビル7F

開催リクエストを受け付けております。
ご希望の日時がございましたら「問い合わせる」から詳細をお伝えください。
必ずしもご希望に添えないケースがございます。予めご了承ください。

問い合わせる