【オンライン】書き方・編集・ブランディングまで学ぶ!ライティング講座

新聞記者からタウン誌まで幅広くライティングをしてきた講師が教える!読者を引きつける文章の書き方を学ぼう!

開催日(日時はすべて日本時間で表記しています)

このセミナーで学べること

本講座は、20年さまざまなメディアで取材、ライティング、編集をしてきた講師が、 明快でインパクトのある文章の書き方や組み立て方、キャッチコピーの付け方を伝授します。 「ある程度まで文章は書けるけど、自信がない」 「しっかりはっきりした、読み手を引きつける文章を書きたい」 「メディアに取り上げられるプレスリリースってどう作れば良いか分からない」 そんな方へおすすめの講座です。 講座内では、新聞や雑誌、Webで実際に掲載された記事を教材に、 明快でインパクトのある見出しやリード、本文の書き方を解説します。 また、いくつかのテーマと字数で実際に文章を書いて、それぞれの良さや課題などを講師が丁寧に解説! さらに広報ブランディングに携わる講師だからこそ伝授できる メディアに取材されやすくなるプレスリリースの作り方とアプローチの方法などをレクチャーします。 本講座で、読み手を引きつける文章の書き方だけにとどまらず、 さらに読者よりアプローチしてもらえるコツも習得しちゃいましょう! ▼内容 1)よく伝わる文章づくりとは? ~話すように書く。明快な文章はテンポがいい~ ・何をテーマに、誰をターゲットに想定して書くのか ・「5W1H」を常に意識!逆ピラミッドの法則 ・省略可のものを取捨選択。ブロック単位で捉える! ・「PREP法」と「起承転結」の見極めと活用 ・「中学1年生が分かる表現」で書く ・一文を短く、重複表現の整理で劇的にスッキリ! ・固有名詞は初出時フルネーム、次からは略称 ・ムダな接続詞、助詞はバッサリ! ・主語は基本冒頭、主述が明確でない文章は伝わらない! ・修飾語の関係性を常に意識する 2)寺子屋形式ワーク&ロールプレイングその1 ☆5W1HとPREPを意識して書いてみる 「この1年で一番嬉しかったこと」(150字) 3)プレスリリースとPR&ブランディングのための文章づくり ・プレスリリースとは?~メディア取材の必須ツール~ ・PR&ブランディングにも欠かせない文章要素 ・ブランディングの代表格「SEO対策」とは? ・「キーワード」と「内容の質」を意識した文章 4)質疑応答 ▼参加対象 【初級】 ・公私を問わず明快で効果的な文章を書きたい方 ・ライターを目指している方 ・企業や団体の広報や社内報担当など、情報発信の機会が多い方 ・文章づくりの基礎を学びたい、学び直したい方 ・文章を含めて、効果的な見せ方や編集、ブランディングを習得したい方 ▼受講後像 ・最後まで読んでもらえる、ポイントを押さえた伝わる文章が書けるようになります。 ・ライティングへの苦手意識を払拭できます。 ・ライティングやエディトリアルを仕事にするために最低限必要なことが学べます。 ・広報やブランディング、プレスリリースの作り方について学べます。 ・明快で効果的な文章が書けるようになります。

定員

持ち物

・PC(ある場合のみ) ・筆記用具 ・レポート用紙かメモパッド 

申込む

ご応募には会員ログインが必要です

講師プロフィール

講師名

浅利 圭一郎 / ライター・エディター・ジャーナリスト

1975年北海道札幌市生まれ。法政大学文学部史学科卒業後、株式会社神戸新聞社入社。
販売局企画開発部での勤務後、伝え手に専心するため退社。
タウン誌編集記者を経て2007年よりフリーランスとして活動を開始。
月刊誌やタウン誌、Webメディア、企業や自治体パンフレットの企画取材執筆のほか、
一票の格差などをテーマに取材執筆を行った
2014年9月に著書「決めごとのきまりゴト~1人1票からはじめる民主主義〜」(旬報社)を上梓。
その後、株式会社十勝毎日新聞社札幌常駐記者として約1,200本の記事を企画取材執筆。
2021年、取材ライティングと編集、広報PR代行、LGBTダイバーシティ講座などを事業に「ハーモニクス」を起業。
https://harmonics.info

受講費

2800円(税込)【受講料のお支払い】詳細は→ コチラ

▼海外で受講される方
クレジットカードでのお支払いのみ選択いただけます(コンビニ払いはご利用いただけません)。
受講費は、クレジットカード会社が定めた為替と為替レートになりますので、ご契約いただいているクレジットカード会社様へお問合せ下さい。

注意事項

Q&Aはコチラ ※「オンライン」推奨受講環境はコチラ オンライン講座受講後のご意見・ご要望がある際は開講後3営業日以内(フェローズ営業時間10:00~19:00)にお問合せください。 上記期間を過ぎてからのお問合せに関しては、対応いたしかねますので、ご了承ください。 開催3日前までに開講の有無を決定させていただいております。 開催人数に達しなかった場合は、開講見合せとなります。 事前にご連絡いただけますとお申し込み状況をお伝えすることは可能です。 ■使用ツール: Webex:こちらをご覧ください。 ■ご用意いただく環境: ・インターネットに接続可能なPCやタブレット、スマートフォン ・カメラ(インカメラ可) ・マイク(インマイク可) ・各講座で必要となるソフトなど

※海外から受講される場合、稀に、インターネット環境が日本の規定と異なり、動画の呼び出しがうまく行われない可能性がございます。

連絡先

申込む

ご応募には会員ログインが必要です