【全3回特典付き】撮影監督・根岸憲一が教える本気の短編映画づくり講座

本気で映画をつくりたい方へ。短編映画づくりのメソッドお伝えします。<脚本の個別フィードバックつき>

開催日

  • 全3回2020年7月4日.11日.18日全土曜日定刻13:00-18:30半分の人数にて開催

このセミナーで学べること

▼開催日程 全3回2020年7月4日(土)11日(土)18日(土) ★★★得点★★★本講座に参加し"第3回Fellows Film festival 2020"にご応募いただいた方には1000円分のオリジナルQuoカードをプレゼントいたします! "Fellows Film festival"とは、2019年に株式会社フェローズが立ち上げた学生の為の「短編映画祭」。 2021年は一般部門も開設となります。4分のショートフイルムを募集するコンペティションです。 詳しくはコチラ→Fellows Film festival 本講座は、映画を本気でつくりたい方に向けた企画から撮影までが学べる講座です。 本講座受講後は、ご自身の企画で短編映画がつくれるようになります。 『淵に立つ』(第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞)など数々の賞を 受賞している撮影監督・根岸憲一氏が、映画づくりを直伝! 「本気で映画をつくってみたい!」 「自分で映画をつくって、映画祭に出したい!」 「映画をつくったが、うまくいかないので、プロから学びたい!」 そんな【本気】で映画をつくりたい方大集合!! 全3回で、映画づくりや企画の重要性、脚本、芝居のつけかた、撮影の仕方をお伝えします。 みなさまが書いた脚本を個別で講師自らフィードバック! 『映画はリアルではなくリアリティでできている。 リアリティを自分の世界だけでなく他の世界、他の世界が共感することを想像する。 何のために映画をつくるのか、誰に何をどう伝えるか。』(根岸憲一氏) 本講座で、本気の映画づくりの第一歩を踏み出しませんか? ▼内容 第1回:概論 1)映画づくりについて 映画づくりに必要な知識についてお話します。 2)本講座で知りたいことをシェア 3)企画について どんな映画を撮りたいかを考えましょう。 どんな映画を撮りたいかが企画と大きく関係します。 例をあげながら解説、つくりたい映画をつくるためのアドバイスをいたします。 4)質疑応答&課題について 第2回:脚本について 1)<ワーク>インスピレーションを起承転結に持っていこう 脚本は成長していくので、育てること。 まずはインスピレーションを起承転結に持っていきましょう。 2)個別フィードバック 講師が直接、受講生のみなさまが書いた脚本にアドバイスしていきます。 3)フィードバックを受けて脚本をブラッシュアップしよう 講師よりフィードバックされたことを踏まえて、脚本を手直ししましょう。 4)芝居と人生について 映画は人の生活。芝居のつけ方、演出方法について伝授します。 キャスティングについてもお話します。 5)質疑応答 第3回:撮影と演技のつけ方 1)撮影するとはどういうことか 実際の映像をみながら撮影について、撮り方についてお伝えします。 録音についてもお伝えします。 2)照明を加えてシーンを撮るときのポイント 3)演技をつけてみよう! 受講生同士で演技をつけてみましょう。 4)撮影の仕方と照明の基本 モニターを通して、撮影方法と照明についてお伝えします。 5)質疑応答 ▼参加対象 【初級】 ・映画が好きで、自身で映画をつくってみたい方 ・本気で映画づくりをしたい方 ・自身で映画をつくって映画祭に出品したい方 ・現場の撮影監督から映画づくりの基礎を学びたい方 ・映画の企画から自分でやってみたい方 ・映画業界に携わりたい方 ・受講後像 ・4分の短編映画がつくれるようになります。 ・自身が表現したいことが映像を通して表現できるようになります。 ・企画、脚本、撮影、芝居のつけ方など映画づくりに必要なメソッドが理解できます。

定員

10名【2020年07月04日(土) 13:00〜 開催】

持ち物

筆記用具

申込む

講師プロフィール

講師名

根岸 憲一

1979 年(株) 8-8 光映社に入社。
小津安二郎監督、成瀬巳喜男監督などの撮影担当・玉井正夫に弟子入り。
その後、大島渚監督の撮影担当・高田昭、その後川上浩市、篠田昇に師事。
1992 年 の映画『地獄の警備員』(黒沢清監督)が第一回撮影作品。
映画の他に映画修行のために数々のドキュメンタリー作品、2時間ドラマ、 深夜ドラマ、Vシネマなど多数を手掛ける。
この時期、ミュージシャン・小沢健二のMV、TBSの番組『世界遺産』などを撮影。
その後、深田晃司監督作品には『歓待』(第23回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門作品賞、第15回プチョン国際ファンタスティック映画祭最優秀アジア映画賞)、『いなべ』(沖縄国際映画祭グランプリ)『ほとりの朔子』(第35回ナント三大陸映画祭グランプリ・金の気球賞&若い審査員賞受賞)、『淵に立つ』(第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞)、『鳥(仮)』、そして現在公開中の『よこがお』と多数参加している。
他に『青時雨』(ノイダ国際映画祭グランプリと優秀撮影賞 ) 『ねこにみかん』(新人監督映画祭準グランプリ) 『飢えたライオン』(第22回プチョンファンタスティック国際映画祭 最優秀アジア映画賞) 『君の瞳に恋して』(2015したまちコメディ映画祭 グランプリ)など。

●これまで撮影した作品(一部を抜粋)
映画:『ファンキーモンキーティーチャー4』『監禁列島』『フローズンライフ』『ALLDAYS 二丁目の朝日』 『島田洋七の佐賀のがばい ばあちゃん』『歓待』『ファイティングオカン』 『すべては「裸になる」から始まって』『ビンゴ』『僕の中のオトコの娘』『女生徒・1936』 『夜明け前朝焼け中』『横たわる彼女』『めがみさま』『名前』『きらきら眼鏡』『ONLY SILVER FISH WATER TANK OF MARY'S ROOM』『こはく』ほか
T V ドラマ:『Re:フォロワー』 『高嶺の花』『火曜サスペンス・佃次郎』『愛なんていらない』『本気でオンリー2』『ドラマダス』『柴門ふみセレクション』『君といた街角』『うそつきの恋』『天才テレビくん ゴルフボーイ』ほか多数

受講費

24,000円(税抜) 【各種割引制度について】 詳細は→コチラ ▼フェロー ズからご就業中 16,800円(税抜) ▼フェローズ登録者 19,200円(税抜) ※本登録とは、フェローズにご来社いただきクリエイ ター登録をしていただくことです。 【受講料のお支払い】詳細は→ コチラ

注意事項

Q&Aはコチラ 新型コロナウイルス感染予防のための弊社対応について詳細は→ コチラ

連絡先

株式会社フェローズFellows Creative Academy事務局 文元 永美・澁谷 陽子 03-5728-5580 / academy@fellow-s.co.jp 大阪・京都開催に関するご質問は下記にご連絡ください 松本 萌 06-4708-3601/ academy-kansai@fellow-s.co.jp 札幌開催に関するご質問は下記にご連絡ください 大川 紘枝 011-522-5860 / academy-sapporo@fellow-s.co.jp ※お問い合わせの際は、 ご興味いただいております講座名、開催地域をお伝えいただきますようお願い申し上げます。

会場

【住所】

フェローズ 東京本社

〒150-0021
渋谷区恵比寿西1-7-7EBSビル7F

申込む