Q

436 アニメ業界における『撮影』について詳しく教えてください!

映像業界からアニメ業界へ転職すべく、勉強中です。アニメ業界での『撮影』業務は意味が違うと聞きました。詳しく教えてください。

A

アニメーション作品の制作における仕上げ業務のことです。

一般的に使用されている写真の撮影とは違い、キャラクターの表情やセリフ、作画のエフェクト、音楽などの微調整を行います。撮影の方が映像のエフェクトや音声の調整などを行うことで、クオリティの高い作品となります。 業務は担当作品や撮影専門会社、制作会社の撮影部門など属している会社によって異なりますが、 『線撮り』と『本撮り』に分けて業務が行われます。 『線撮り』・・・ アフレコで使用するため、未完成な状態(色なしの状態など)で撮影を行います。 『本撮り』・・・ 仕上げ段階のアニメーションに使われる全ての素材が集まった状態で、撮影を行います。 どちらもタイムシートと呼ばれる指示書をもとに、セリフのタイミングや動作などに問題が無いかチェックしていきます。またエフェクトの調整などCGを使用した調整もあるため、CGのスキルも活かせるお仕事となります。