開催済セミナー

開催済セミナー

2021年3月18日(木)13:00~14:00開催
デジタル時代に機能する広告とは?「マーケティングを超越するクリエイティブ3か条」

セミナー概要

クリエイティブの力でローカルをメジャーにと、代表の大久保浩秀氏はこれまで、クリエイティブディレクター、CMプランナー、コピーライターとして全国各地の自治体や企業のブランディングやプロモーションを担当し、特に2011年から実施している石川県加賀温泉郷のプロモーション「レディー・カガ」は全国的な話題となり、観光庁長官表彰されました。
その他にも、多数の広告賞を受賞する中、そのキャッチーな視点でのクリエイティブ道の"しかけ"についてお話いただいています。

今は時代の変わり目な上に、物事の移り変わりが速い中、コミュニケーションを通したクリエイティブの取り入れ方としてアナログで大切にするもの、デジタルで追っていくものの使い分けやコロナ禍における今後の企業が求められるブランディングとして何が必要なのかについてもお伝えいただきました。

また、これまでの幅広い経験値において、“広告のつくり方3か条“といった広告のポイントを今回は惜しみなくお話しいただきましたので、広告業界でお仕事をされている方はもちろんどのようにプロモーションを行っていこうかとお考えの方は一見の価値ありです。

時代に合った新たなクリエイター採用のヒントにも触れていますので、ご採用にお困りの方も参考になるポイントが多くあります。

クリエイティブ業界の”NEXT"とは?

大久保様の考えるクリエイティブ業界には、どんな未来が待っていると思いますか?

大番狂わせや下克上が始まる。
マスメディアの力は弱まり、広告会社も4マスからの脱却を図るために模索しています。
ウェブを中心に新しいメディアが増えていくことは、メディアの使い方をハックしたり、アイデアで突破したり、爆発的にバズる可能性が生まれたという意味で、広告クリエイターたちにとってはチャンスとも言えると思います。
大手代理店のクリエーターしか活躍できない時代がしばらく続きましたが、これからはフリーランスの躍進、復権が始まるのではないかと考えています。

次代を担う"NEXT"クリエイターへ

次代へ向かおうと、それぞれのクリエイティブ道を切り開こうとしているクリエイター達へ
大久保様の熱いメッセージをお願いします!

インターネットの普及や、世の中の価値観の変化で、あらゆるジャンルのクリエーターが自ら情報を発信する機会が増え、またそれを見つけてもらいやすい環境が整ってきていると感じています。

エリートやサラブレッドではない、クリエイティブの雑草や野良犬たちが巻き起こす番狂わせや下克上をぜひ見せてください。
期待しています。

講師プロフィール

大久保 浩秀(Okubo Hirohide)氏

株式会社REACH 代表。クリエイティブディレクター/コピーライター/CMプランナー。
広告会社のクリエイティブ職を経て独立。
全国各地の自治体や、企業のブランディングやプロモーションを担当。
特に2011年から実施している、加賀温泉郷協議会「レディー・カガ」で観光庁長官表彰。
氷見市観光協会「秘密のデート」、ノジマ「コンさる」、資生堂、JR西日本、北陸電力はじめこれまで制作した作品は、TCC新人賞やHCC賞グランプリなど多数の広告賞を受賞。

保存