翻訳家

翻訳家異なる言語で書かれている文章を日本語に訳すことを生業としている人のことです。翻訳にも様々な分野があり、小説などの文芸作品を翻訳するのは「文芸翻訳」、企業などが仕事において利用する翻訳は「実務翻訳」映画やドラマなどの映像作品の字幕は「映像翻訳」などがあります。どの分野を担当するかによって求められるスキルが変わります。たとえば、実務翻訳の場合、その専門用語の知識がある程度ないと正確に訳せない、文芸、映像翻訳であっても表現力などがなければ話の筋がずれてしまうなど、ただその言語を日本語にできるだけでは務まりません。しかし、その専門知識などを武器にしてまわりの翻訳家と差をつけることができます。 他国の変わりゆく時代や文化背景などを理解していなければ正しい翻訳ができなかったり、ときには相手を不快にさせることもあるかもしれません。そのため、日々進歩する文化などを学び続ける必要があります。一生学び続けられることが翻訳家で生きていくために必要になってくることです。また、長時間机に向かう忍耐力も必要です。中身がタフな人が適しているでしょう。