聞くは一時、聞かぬは一生

Q413 「アフレコ」と「アテレコ」の違いはなんでしょうか?

声優に興味がありますが、アフレコ・アテレコの意味の違いを教えてください。

A 「アフレコ」とは「アフターレコーディング」の略で、「アテレコ」は、自ら演じないキャラクターに「割り当てたせりふ」を演じることです。

映画やアニメなどで、先に撮影をして、後で別途、セリフや音声を録音することをアフレコといいます。撮影時に音声を録れなかった、録れたけれど聞き取りにくかった、動きとセリフがかみ合っていない、撮影後にセリフの変更があった…など、理由はさまざまです。 対して「アテレコ」は、海外のドラマや映画の俳優やロボット、動物などの演技、特撮もののスーツアクターの演技、はたまたアニメやゲームのキャラクターなど、自ら演じないキャラクターの動きにせりふを割り当て、それを俳優・声優らが演じることです。 日本のアニメ制作現場ではアフレコが主流です。しかし、収録日に映像が間に合わないというケースも頻繁に発生しプレスコで録音することもあるそうです。 プレスコとは、「プレスコアリング」の略で、まず音声が先にあり、映像を後からつけるという形式のものです。海外ではこちらの方法が主流です。

    この質問に関連した業種の
    求人を見ることができます。