• HOME
  • お知らせ
  • 【お知らせ】フェローズ出資映画『ブルーヘブンを君に』2020年6月5日(金)より全国公開!

お知らせ

【お知らせ】フェローズ出資映画『ブルーヘブンを君に』2020年6月5日(金)より全国公開!

雄大な岐阜の空と大地を舞台に紡がれる、かけがえのない人生と、真実の愛の物語を描いた感動作『ブルーヘブンを君に』が、2020年6月5日(金)より全国公開いたします。 不可能の代名詞といわれた「青いバラ」を品種改良により生み出した実在のバラ育種家の女性をモデルに、いくつになっても夢を諦めない人生の素晴らしさを描いた、清々しさと心温まる人間ドラマです。 監督は、「アンフェア」シリーズの原作などを手掛け小説家としても活躍する秦建日子 で、 本作が映画監督3本目 となります。 秦自身 によるオリジナルストーリーで、 誰もが共感し勇気をもらえる、まるで一凛のバラのような美しい作品 となっています。 主演には、 2019年に芸能生活50周年を迎える由紀さおりを迎え、共演に、BOYS AND MENのメンバーとして俳優業にバラエティにマルチな活躍をみせる小林豊と本田剛文、『ここは退屈迎えに来て』『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の柳ゆり菜、 さらに、大和田獏、寺脇康文など実力派俳優が脇を固める豪華キャストとなっています。 フェローズでは、映画への出資とともに、公式ホームページの制作もお手伝いしています。 ストーリー: 不可能を可能にしてきた―園芸家・冬子、63歳。 奇跡を信じて挑む、大空への壮大な「夢」とは――。 鷺坂冬子(由紀さおり)、63歳。誰にも作れないと言われた、世界初の青いバラ「ブルー・ヘブン」の生みの親として、園芸家としてはちょっとだけ有名だけれど、今は孫や家族に囲まれて暮らす普通のおばあちゃん。そんな冬子には、家族に言えない秘密があった。胃がんが再発して現在余命半年のステージ4と診断されたのだ。「治療に専念して余命を延ばそう。まだまだやり残したことがあるだろう!」主治医の川越(大和田獏)の叱咤激励に、冬子はある“やり残したこと”を思い出す。それは、ハンググライダーで空を飛ぶことだった。病気のことは内緒にしたまま、冬子は蒼汰(小林豊)と正樹(本田剛文)の二人の孫とその友人で溶接工の夏芽(柳ゆり菜)を巻き込み、不可能と言われた夢にチャレンジしていく…。 《キャスト》 由紀さおり、小林豊(BOYS AND MEN)、柳ゆり菜、本田剛文(BOYS AND MEN)、おかやまはじめ 岩橋道子  柊瑠美 鈴木信二 関口アナン 松嶋亮太 中田圭祐 小池里奈 田村侑久(友情出演) 寺泉憲、大和田獏、寺脇康文 《スタッフ》 監督:秦建日子『キスできる餃子』『クハナ!』 脚本:秦建日子、小林昌 公式HP:https://blueheaven-movie.jp/ 人生は毎日が新しい| 映画『ブルーヘブンを君に』2020年6月5日(金)より全国公開! ©2020「ブルーヘブンを君に」製作委員会