第1回.なぜRuby on Railsなのか???

◆Ruby on Railsって?

みなさんRuby on Rails(ルビー オン レイルス)をお使いですか??? 名前は知っている、聞いたことはあるが「どういうモノ?」という方も多くいらっしゃるかと思います。 WebサイトやWebアプリを構築するのであればRuby on Railsは大変おすすめです! では今回は基本的な部分をお話していきたいと思います。 rails_lo Ruby on Railsの「Ruby」はプログラミング言語「Ruby」のことです。 JavaやPHPなどのプログラミング言語のひとつとなります。 「Ruby on Rails」はプログラミング言語「Ruby」で構築されたWebアプリケーションフレームワークの名称となります。なおRuby on Railsはプログラミング言語ではありません。 ここでキーワードの確認をしましょう! ・Ruby ( JavaやPHPなどのプログラミング言語のひとつ) ・Ruby on Rails ( プログラミング言語「Ruby」で構築されたWebアプリケーションフレームワーク) ・Webアプリケーション (動的なWebサイトで使用されるプログラミング言語。 例えば、ブログを書く、投稿サイトに投稿する、ショッピングサイトで買い物をするなどです。) ・フレームワーク (Webアプリケーションを作成する際の「骨組み」です。 「骨組み」があることで、少ないコードでWebアプリケーションが構築できます。)

◆Ruby on Rails でどんなWebサイトが作れるの?

ここで事例を紹介します! ・cookpad(クックパッド) cookpad_img ・cookpad(クックパッド)開発者ブログ cookpad_img02 ・クラウド会計ソフト freee Ruby on Railsを使う事で、投稿サイト、ブログサイトの構築、そして経理などの売上管理をする事ができます!

◆Ruby on Railsの特徴は?

【その一】MVC構造 開発を行うには、「MVC構造」を理解する必要があります。 「MVC構造」とは? ・Model(モデル) アプリケーションが扱うデータ ・ View(ビュー) ユーザーインターフェースへの出力 ・Controller(コントローラー) ユーザーからの要求に対してModelとViewとの連携を行う 構造を3つに分けることで、効率の良い開発を行う事ができるのです。 【その二】二つの言葉 「同じことを繰り返さない」DRY:Don't Repeat Yourself 「設定より規約」CoC:Convention over Con?guration Ruby on Railsといえばこの二つの言葉です。 ●「同じことを繰り返さない」DRY:Don't Repeat Yourself 同じようなコードがあちこちにあると、メンテナンスや修正が行いづらくなります。 同じようなコードを一か所にすることでプログラムの単純化、修正漏を防げるのです。 ●「設定より規約」CoC:Convention over Con?guration 規約に従ってアプリケーションを開発することで、設定を行うファイルや項目がシンプルになります。 決まった規約に従うことで、自分で設定する必要がなくなり、効率よくアプリケーションを開発できるのです。 【その三】コードを自動育成!Scaffold (スキャフォールド) 開発を行うには、モデル、コントローラー、ビューを作ります、そしてルーティングを構築していく必要がありますが、Scaffoldはこれらの作業を自動で行い、簡単にアプリケーションのフレームを作ってくれます。 【その四】初心者に優しいGem!(ジェム) 長く複雑なプログラムを構築しなければならない時に、Gemを使用することで簡単にログイン機能やファイルアップロード機能などを構築できます。 今回は3つのGemをご紹介いたします! Devise(デバイス) ログイン機能を構築します。会員登録からログイン認証が簡単に行えます。 devise_lo CarrierWave(キャリアウェーブ) 画像などのファイルアップロード機能を構築します。 Gretel(グレテル) 今、見ているページが「サイト内のどのページにいるか可視化」できるようにする機能を構築します。通称パンくずリストを構築します。 多くのGemがあり開発を効率よく進める事ができるのが、Ruby on Railsです。 Ruby on Railsでできることは数多くあります!そして扱いやすさも抜群です。 Ruby、htmlなど、Webサイトを作る上でのプログラム知識は必要となってきますが、大手サイトなども採用し開発需要も多くある状況です! コード量も格段に少ないので、サイト構築のスピードも必然的にあがります。 またコード量が少ないので、メンテナンスがしやすいのも特徴です。 今後のWebサイト構築におススメの技術です! 次回は実践編です、Ruby on Railsを使って実際にWebサイトを作っていきましょう!