• HOME
  • e-ラーニング

e-ラーニング

1_1.EDIUS Pro8...GV Browser

EDIUS Pro8が2015年10月にVersion 8.1になってから、次々進化を重ね、現在(2017年1月)Version 8.3 (Ver.8.31b1333)となっています。 1_1_1 2016年だけで、アップデートは7回。その都度、起動時にメッセージが表示されますので、こまめにバージョンアップしている方も多いと思います。 1_1_2 それでは今回から4回にわたり、EDIUS Pro8以降の新機能を紹介していきます。 ■GV Browser まず第1回目は、「GV Browser」です。 EDIUS Pro 8に新しく搭載された、素材を管理するアプリケーションで、EDIUS Pro 8をインストールすると、デスクトップに「GV Browser」のアイコンが表示されます。 1_1_3 独立したアプリケーションなので、単体でも操作できますし、EDIUSの「ソースブラウザー」とも連携しています。 映像の取り込みには、従来の「ソースブラウザー」を使う方法でもいいのですが、「GV Browser」で取り込んでからEDIUSと連携するワークフローのほうが、素材管理がしやすいので、ぜひ使ってみてください。 ■01■SDカードを挿入してクリップを表示する 1_1_4 ①~④説明 ①カードリーダーにSDカードを挿入すると自動認識し、リムーバブルデバイス下に表示されるので、アイコンをクリックします。 ②映像のサムネイルが表示されるので、クリップのサムネイルを選択します。 ③クリップのさまざまな情報を確認できます。 ④取り込み先のフォルダーが表示されています。 デフォルトではCドライブ「ビデオ」フォルダーが保存先に設定されていますが、「...」ボタンをクリックして「取り込み先のフォルダー」画面で保存先の変更が可能です。 1_1_51_1_6 ソースブラウザでは、取り込み先はプロジェクトフォルダに固定されていましたが、GV Browserではフレキシブルな変更が可能です。 ■02■クリップをプレビューする ①プレビューボタンを押すとプレビューペインが表示され、プレビューできます。 1_1_7 ②サムネイルをダブルクリックすると、全画面再生ができます。 プレビュー画質も変更できますので、PCの性能に合わせて調整しましょう。 Ver.8.3からは、カメラマークのスナップショットボタンで静止画も保存できます。 (14_1_8.jpg) 1_1_8 ■03■映像を取り込む ①「取り込み」ボタンをクリックすると、チェックした映像だけが取り込まれます。 チェックの有無に関わらず、すべて取り込みたい場合は「一括取り込み」ボタンをクリックします。 1_1_9 ②取込み中は、経過状況が左上に表示されます。 取り込んだクリップは、チェックマークが消え、右下に赤い■が表示されます。 1_1_10 ■04■ライブラリーでカタログを作る 取り込んだクリップはライブラリの「すべてのクリップ」で管理されます。 今まで取り込んだ/登録したクリップが確認できます。 1_1_11 素材の量は膨大になっていくことが多いと思います。 そこで、整理するためのカタログ機能があります。 カタログ機能を使って素材を整理していきましょう。 ①カタログのプラスマークが付いたマークをクリックします。 1_1_12 ②「新しいカタログ」が表示されるので、カタログ名を入力します。 1_1_131_1_14 ③カタログに登録したいクリップを全て選択して、カタログの名前にドラッグアンドドロップします。 1_1_15 ④カタログに登録され、サムネールの右下に緑色の■が表示されました。 1_1_16 ■05■ソースブラウザーでカタログのクリップを開く EDIUS本体で「ソースブラウザー」を見ていきましょう。 ①GV Browserのライブラリー内の項目が表示されています。 先ほど作成したカタログをクリックすると、登録したクリップが表示されます。 1_1_17 ②右クリックメニューで「ビンへ登録」を選択すれば、ビンウィンドウへ登録ができます。 1_1_18 ③もしGV Browser上での作業が登録反映されていないときは、右クリックして「最新の状態に更新」を選択します。 1_1_19 ④ビンウィンドウを見てみると、「GV Browser」フォルダーが追加されています。 クリックすると、先程のカタログ内のクリップが登録されています。 ズームスライダーをトラックして大きさを調整しましょう。 1_1_20 GV Browserとの連携は、EDIUS Pro8からの新しいスタイルです。 もちろん、EDIUSを起動せずに素材を整理する事も可能です。 バージョンアップのたびに機能も追加され、進化中のアプリケーションなので、ぜひ快適さを実感してみてください。