開催済セミナー

開催済セミナー

2021年7月15日(木)13:00~14:00開催
スマホからスターを輩出する!
「芸能人2.0」でZ世代を惹きつけるデジタルマーケティングの活用法

セミナー概要

株式会社ホリプロデジタルエンターテインメント代表取締役社長の鈴木 秀(すずき しゅう)様にご登壇いただきました。
「スマホからスターを」をテーマに、デジタル社会における次世代タレントの育成やマネジメントおよび、デジタルマーケティングビジネスを手掛ける同社。
デジタル社会におけるタレント活動を包括的にビジネス化していくホリプロのデジタル特化型子会社として、2018年7月に設立され、「TikTok×ファッション」「YouTube×美容整体師」といった、SNSスキルと芸能(一芸)スキルを兼ね備えたハイブリッドタレント「芸能人2.0」を起用したソリューションの企画・制作・実施までをワンストップで行い、企業のデジタルプロモーションをサポートしています。
社名にある「デジタル」の名の通り、動画の投稿時間帯やエンゲージメント数など、「エンターテインメント」を数字で分析し、独自のSNSマーケティングの手法を確立されました。

今回は、SNSスキルと芸能スキルを兼ね備えたハイブリッドタレント「芸能人2.0」を生み出した鈴木氏に、デジタル社会に対応したマーケティング手法のポイント、Z世代とのエンゲージメントを高めるSNSマーケティングについてレクチャーいただきました。

「ソーシャルネイティブ」世代とも言われるZ世代とのエンゲージメントの高め方や、SNSを活用したプロモーションやマーケティング、Person to Customer(P2C)ビジネスの在り方など、鈴木氏がこれまで行ってこられた事例をもとに、デジタル時代の新たなビジネス展開についてのお話も盛り込まれ、多くのノウハウを伝授いただき貴重な時間となりました。

クリエイティブ業界の”NEXT"とは?

鈴木様の考えるクリエイティブ業界には、どんな未来が待っていると思いますか?

少し攻撃的な言い方になってしまいますが、マーケティングができないクリエイターは今後消えてしまうと思っています。
理由は、自分が作りたいものだけを作っていても誰にも見てもらえません。
なので、自分が作っているコンテンツの先には誰がいるのか、ここを意識しながら、あとこの導線を意識しながら作っていかないと、コンテンツがあふれていく世界になっていくと未来がなくなってしまうと思うので、皆さん是非マーケティングを学びながら、コンテンツを作っていただけると嬉しいなと思います。

次代を担う"NEXT"クリエイターへ

次代へ向かおうと、それぞれのクリエイティブ道を切り開こうとしているクリエイター達へ、鈴木様の熱いメッセージをお願いします!

日本という国は現状、日本だけで言うとエンタメはどんどん遅れてきてしまっている。
理由はマーケティングがうまくいってません。
僕が思うのは、韓国はマーケティングがすごく上手だと思います。SNSの使い方だったり...。
なので皆さん、何度も言うのですが、作ることと発信すること届けることをセットとしながら、クリエイティブ能力を高めてもらえると、皆さんのクリエイティブ能力が、今後の日本のエンタメを支えていくことは間違いないので、ここをすごく意識してほしいと思っています。

講師プロフィール

鈴木 秀(すずき しゅう)氏 株式会社ホリプロデジタルエンターテインメント代表取締役社長

鈴木 秀氏(Shu Suzuki)氏

株式会社ホリプロデジタルエンターテインメント代表取締役社長
1990年生まれ。山梨県生まれ山梨県育ち、山梨大学大学院修了。
14歳にしてEC事業で起業し、大学院在学中にベンチャー企業で動画SNSのグロースなどを担当、修了後インフルエンサー系ベンチャー企業の創業メンバーとして参画し2017年に退任、2018年ホリプロデジタルエンターテインメントの創業の中心メンバーとして参画し、2020年6月に代表取締役社長に就任。

次回開催予定のセミナー

現在、開催が確定している開催予定セミナーはこちらです。随時アップデートしておりますのでご確認ください。

オンライン


2021年10月21日(木)13:00~14:00

『水曜どうでしょう』の北海道テレビ放送藤村Dに聞く
地方から全国展開!ヒットの裏側

ご登壇者:藤村 忠寿(Fujimura Tadahisa)氏

北海道テレビ放送 (HTB) /コンテンツビジネス局エグゼクティブディレクター。1996年にチーフディレクターとして『水曜どうでしょう』を立ち上げる。以降、地方局としては異例の全国的な大ヒット番組に。現在、母校である北海道大学公共政策大学院フェローも兼任。

藤村 忠寿(Fujimura Tadahisa)氏 北海道テレビ放送 (HTB) /コンテンツビジネス局エグゼクティブディレクター。1996年にチーフディレクターとして『水曜どうでしょう』を立ち上げる。以降、地方局としては異例の全国的な大ヒット番組に。現在、母校である北海道大学公共政策大学院フェローも兼任。

申込締切日時:2021年10月20日(水) 17:00

オンライン


2021年11月18日(木)13:00~14:00

事例でみるコロナ禍の補助金攻略~優秀なクリエイティブが地域産業のこれからを作る~(仮題)

ご登壇者:吉田 博詞(Yoshida Hiroshi)氏

2013年、株式会社地域ブランディング研究所を設立。代表取締役。学生時代より地域活性化に尽力。信金中央金庫 インバウンド専門アドバイザー、一般社団法人日本インバウンド連合会(JIF)幹事など数々の専門委員を務めている。

吉田 博詞(Yoshida Hiroshi)氏 2013年、株式会社地域ブランディング研究所を設立。代表取締役。学生時代より地域活性化に尽力。信金中央金庫 インバウンド専門アドバイザー、一般社団法人日本インバウンド連合会(JIF)幹事など数々の専門委員を務めている。

申込締切日時:2021年11月17日(水) 17:00

保存